できるだけ多く自分の歯を残すなら

歯が痛む女性

歯の治療にも多くの種類がありますが、歯が抜けた場合は、人工歯で補う治療が必要です。堺市でも多くの人がインプラントや入れ歯治療をしていますが、歯を失う原因は虫歯の治療の遅れ、外傷など人それぞれ違います。堺市でも歯を失う原因として特に多いのが歯周病です。これは歯の周りに炎症が起こる病気で、初期のうちは軽い歯茎の腫れ程度ですが、進行すると歯茎からの出血や口臭、歯がぐらつくなどの症状も出てきます。悪化すると歯を失うことにつながるので、初期のうちから治療を進めていくことが大事です。口の中だけの問題と考える人もあるかもしれませんが、歯周病菌から出る毒素が血液に乗って心臓や肺に運ばれ全身の健康に悪い影響を与える可能性もあります。歯を守るだけではなく、健康な体を維持するためにも歯周病治療は必要です。

歯垢や歯石を取り除く

歯科治療

歯周病の進行を防ぐためには、歯垢や歯石の沈着を防ぐことが大切です。堺市で行われている対策としては、まずは自宅での歯磨きの見直しがあげられます。歯茎からの出血がある場合は、柔らかめの歯ブラシで優しく丁寧に汚れを落としていきましょう。ヘッドは小さめのほうが隅々まで磨きやすくなります。さらに歯ブラシが届かない部分は歯間ブラシやフロスを使ってのお手入れがおすすめです。歯磨き剤やマウスウォッシュも歯周病対策タイプに選び直すなどの対策もするとより効果的です。喫煙などの乱れた生活習慣も歯周病に悪い影響を与える可能性がありますので、生活習慣も見直していきたいところです。よりしっかりと対策をするなら歯科医院の治療も検討したいところです。